生理中は太る?オーリスタットは40代のダイエット

生理中は太りやすいと感じる女性も、多いのではないでしょうか。
いつもは食べない甘いお菓子や、スナック菓子などを生理中は食べ過ぎてしまうなど、生理中は食に変化がでやすいと言われています。
女性は卵巣で卵胞ホルモンと、黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが分泌されており、これらの女性ホルモン量が変化する事によって排卵したり生理となるのです。
排卵後は黄体ホルモン量が増えます。
黄体ホルモンは子宮内膜を厚くし、妊娠しやすい体を作るホルモンです。
女性ホルモンのバランスが変化すると、精神的にイライラしてしまったり、食欲が増して食べ過ぎてしまうケースも少なくありません。
特に甘いものを食べたくなる傾向にあり、生理中になると太りやすくなるのです。
生理が終わると女性ホルモンのバランスが整い、ダイエットを効率的に行えるようになります。
生理中は本格的なダイエットは避け、体を休めるようにしましょう。
生理中だけでなく女性は加齢によっても、太りやすくなります。
40代以降になると20代・30代と同じダイエット法では、あまり痩せません。
年齢を重ねると新陳代謝が低下し、太りやすく痩せにくい体質となってしまうのです。
ですので、40代に入ると途端に痩せにくくなってしまいます。
40代以降のダイエットを成功させるには、オーリスタット配合薬の力を借りてみましょう。
オーリスタット配合薬には、オーリスタットという成分が含まれており、食事で摂った脂質の吸収をカットする効果があります。
約30%分の脂質吸収を抑える為、オーリスタット配合薬を服用する事によって、摂取カロリーを大幅に減らせます。
新陳代謝が低下し痩せにくくなった40代以降のダイエットに、オーリスタット配合薬は大きな効果を発揮するでしょう。