オーリスタットは脂肪の吸収を30%もカットできる

脂肪を気にする女性 オーリスタットは、脂肪の吸収に関わるリパーゼという酵素の働きを阻害する薬です。
脂質は分子量が大きいので、腸管からそのまま吸収することが出来ません。つまりエネルギーとして使える形に出来ないわけです。このリパーゼが腸管に分泌されると、脂肪が細かく分解されて吸収できるサイズになります。
オーリスタットはリパーゼ酵素の働きを邪魔することで脂肪を分解させずに便と一緒にそのまま体外に排出します。個人差はありますが、およそ30%の脂肪吸収抑制が期待できるとされています。
また、有効成分オーリスタットは身体に吸収されずに便と一緒に排出されてしまうので、身体へのリスクもほとんどない安全に使える薬と言われています。
頻繁に便意をもよおす、ガスによって胃腸の膨満感を感じる、放屁、油を含むゆるい便が出る、などの副作用がありますが、これは効果のひとつでもあります。
脂肪の吸収を抑制できるわけですが、脂肪の吸収を抑制する際に、体内で合成できない必須脂肪酸という脂肪酸の吸収まで抑制してしまうため、基礎代謝が低下する可能性があります。オーリスタットはもともと体重のコントロールが難しい高度肥満患者の治療に用いられていた薬なので、適正の栄養管理下のもと使うのが正しい使い方です。
日本ではダイエット外来や美容整形外科などで自由診療の価格で処方しているところもありますが、これも使用しないとダイエットが難しい場合、肥満による健康リスクが高いに限られます。
個人輸入という方法では、自己責任で海外から購入するという方法もあります。自由診療の処方よりも安く買えるのが魅力ですが、日本で未認可なので副作用救済制度を受けることが出来ません。個人輸入する場合には責任を持って使うようにしましょう。

酵素商品よりも高い効果に期待できるオーリスタット

ダイエット成功のイラスト 消化酵素の手助けをする事によってダイエットを効率的に行う事ができると言われています。そこで登場したのが酵素ドリンクや酵素サプリメントなどの所謂ダイエット食品です。
これらの商品によって酵素を体外から補う事で脂肪や糖質などの分解を促進し、徐々に体型を引き締めていく事ができると言われています。自然由来の成分によって製造されている商品ですので安全性が高く、無理のないダイエットができるとして注目されています。
しかしながらこういった商品には確実性がありません。あくまでも人体が本来持つ消化機能を手助けする役割しかなく、体質によってはあまり効き目が見られない事もあるのです。
酵素を用いたダイエット方法も人気がありますが、もっと確実性のあるダイエットができるとして人気の方法もあります。それはオーリスタットと呼ばれる成分を利用するダイエット方法ですが、この成分は痩せさせる作用があり、医薬品ですので確実な効果に期待する事ができるのです。
オーリスタットの作用秩序についてですが、リパーゼの働きを阻害する作用があります。リパーゼは消化酵素であり、脂肪の分解を行う役割がありますが、リパーゼの働きをオーリスタットによって阻害にする事で脂肪が吸収され難くなりますので、必然的に太り難くなるのです。しかも比較的安全性が高い成分とされていますので、安全に用いる事ができるのもオーリスタットの特徴となっています。
少なからず副作用が発生するリスクもありますが、発生し得る可能性があるのが下痢です。そして副作用の大半は下痢であり、その他の副作用のリスクは低いとされています。ただし、稀に肝障害が発生する可能性もありますので、このリスクについてきちんと知っておく事が大切です。

オーリスタットにもリスクはあることを理解しよう

薬のリスクを説明している医者 アメリカの検査機関であるFDAが正式にダイエットに有効であるとオーリスタットを認めています。消化酵素の働きを阻害して脂肪の吸収率を低下させる成分ですが、強制的に脂肪をカットできるゆえにダイエット効果を得る事ができます。
アメリカではダイエット治療薬として用いられていますが、日本は未認可の成分です。未認可の理由は肝障害のリスクがあるからですが、強制的に栄養をカットする事によって肝機能に影響を与え、腹痛や嘔吐、さらには呼吸困難や重篤な肝機能障害が発生する可能性があると言われています。ですから日本では安全の為にオーリスタットの使用は認めていません。
しかし、このような重篤が副作用が発生するケースは割合としては非常に少ないとされています。ですからオーリスタットの使用を望む声もあるようですが、そういった方の中には個人輸入で手に入れるケースも少なくないようです。海外から輸入して使用する事はできますので、自己判断だけで輸入して使用するケースもあるのです。
個人輸入で手に入れて使用する分には問題はないようですが、しかしながらその場合の責任は全て自分自身にあるという事を理解しておく必要があります。そして自己の安全の為にも使用中に何らかの副作用が見られた際にはすぐに病院に相談する事も忘れてはいけません。肝障害のリスクがあるという事は時には生命にも関わってしまう可能性もありますので、副作用の発生には目を光らせておく事が大切です。
また、使用する際には必ず用量を守るという事も重要なポイントです。自己判断で使用する際には安全面へのガードが緩くなりがちですので、多めに飲むなどの間違った使用方法にならないように注意しなければいけません。